プレスリリース

「ワーケーション・オンライン・シンポジウム2020 ~日本型ワーケーションの未来を考える~」を 8月31日に開催<満員御礼:申し込み終了いたしました>

㈱JTB総合研究所・日本国際観光学会ワーケーション研究部会共催

2020年08月18日
JTB総合研究所

株式会社JTB総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員 野澤 肇)は、日本国際観光学会ワーケーション研究部会(事務局:東京都渋谷区、部会長 田中 敦)との共催で、「ワーケーション・オンライン・シンポジウム2020 ~日本型ワーケーションのあり方を考える~」を8月31日(月)に開催します。

当社は、 2019年8月に「ワーケーション研究会」を大学、行政、企業と共に立ち上げ、多様化する価値観や働き方への対応、企業の健康経営や社会の諸課題の解決に向け、ワーケーションの導入と普及に向けた研究を行ってきました。本シンポジウムでは、人(社員)、企業、地域側のメリットや課題、必要な環境整備、今後の市場展望とビジネス機会について考えていきます。

 

1. 開催概要

  1. 日 時  2020年8月31日(月)15:00~17:30(150分)
  2. 場 所  オンライン(Zoomウェビナー)
  3. 定 員  先着500名
  4. 参加料  無料
  5. 申し込み方法 下記よりお申込みください。定員に達し次第締め切りとさせていただきます。
  6. ※定員に達しましたので申込受付を終了しました。

2. 内容

  1. シンポジウム主旨説明
    ㈱JTB総合研究所 主席研究員 交流戦略部長 山下 真輝
  2. 講演①「日本型ワーケーションの考え方と可能性」
    田中 敦 氏
    山梨大学大学院 総合研究部 生命環境学域 社会科学学系長 教授
    日本国際観光学会 ワーケーション研究部会 部会長
  3. 講演②「健康経営Ⓡの視点から考えるワーケーション」
    髙橋 伸佳
    ㈱JTB総合研究所 主席研究員 ヘルスツーリズム研究所長
    (特非)日本ヘルスツーリズム振興機構 業務執行担当理事
  4. 事例紹介①「日本航空㈱のワーケーション実践事例紹介」
    ~日本で初めて大企業においてワーケーションを制度化~
    (発表者)東原 祥匡氏
    日本航空㈱ 人財本部人財戦略部 厚生企画・労務グループ
    (兼)ワークスタイル変革推進グループ(兼)人財戦略グループ
    アシスタントマネジャー
  5. 事例紹介②「和歌山県が推進するワーケーション(仮)」
    ~ワーケーション自治体協議会会長の和歌山県知事とともに、政府に政策提言するなどワーケーションの普及、拡大を推進~
    (発表者)桐明祐治氏
    和歌山県 企画部 企画政策局 情報政策課 課長
  6. パネルディスカッション
    モデレーター:㈱JTB総合研究所 山下 真輝
    パネラー:山梨大学大学院 田中敦氏
    日本航空㈱ 東原 祥匡氏
    和歌山県 桐明 祐治氏
    ㈱JTB総合研究所 髙橋 伸佳

 

お問い合わせ

株式会社JTB総合研究所
〒105-0014 東京都港区芝3-23-1セレスティン芝三井ビルディング12階

セミナー申し込み
※定員に達しましたので申込受付を終了しました。

その他のお問い合わせ
contact@tourism.jp