観光学・概論の学習教材・書籍

観光学・概論の勉強・個人学習におすすめの学習教材をご紹介します。

アプリ
白書・レポート

富裕層の価値観と旅行

定価 : 無料日本の富裕層人口は増加しつつあり、2018年における日本の富裕層人口は約110万人、家計金融資産は16.3兆ドルで、いずれも世界第三位の規模と推計されました。また地域においては、インバウンド旅行者も含め、訪れる旅行者の「量から質への転換」を意識していく上で、富裕層は無視できない存在です。そこで、JTB総合研究所が実施した「進化し領域を拡大する日本人の国内旅行(2019)」の結果から富裕層に焦点をあて、そのライフスタイルや旅行について、特徴を分析しました。

  • 新刊
  • おすすめ
  • 無料ダウンロード
  • メルマガ登録者限定
通信教育

旅行業プロのための観光の基礎知識

受講期間 : 3か月
受講料 : 15,220円(税込)
観光産業・行政に携わっている方、あるいは観光産業・行政の仕事を志す方に、「観光」の基礎知識を体系的に身につけていただくための講座です。

  • おすすめ
教材テキスト

観光学基礎

定価 : 2,300円(税込)観光の仕組みや観光に携わる産業の社会的・経済的な役割をわかりやすく解説した観光学の入門書。章ごとに掲載の「本書のポイント」「Extension Study」「Self Check」など、教科書としての使い勝手も好評で、多くの学校で指定教材に採用されているロングセラー商品です。

  • 改訂版
  • 定番
教材テキスト

観光概論

定価 : 2,720円(税込)「観光」の起源や歴史を振り返りながら、その現代における意義や変化を、「データによる実態分析」「観光地開発」「観光行政の動向」などの観点から多面的に概説。観光産業・行政に携わっている方、あるいは観光産業・行政の仕事を志す方に最適なロングセラー商品です。

教材テキスト

インバウンド概論

定価 : 2,530円(税込)訪日外国人旅行者誘致の歴史や、インバウンド・マーケットの動向と官民の取り組み等について概説する、インバウンドツーリズムの入門書。訪日旅行取扱実務の主な流れや専門英語についてもわかりやすく解説しています。

  • 改訂版
教材テキスト

イベント&コンベンション概論

定価 : 2,720円(税込)イベント・コンベンション(EC)に関心を持ち、将来この分野の仕事を志す方や観光事業に携わる行政・団体・企業関係者の方、さらにはECの舞台となるホテル・レストラン業界を志望する方にもおススメのEC入門書。世界と日本のEC動向はもとより、ECの実務フローについても演習形式が学ぶことができます。

教材テキスト

顧客価値創造型営業への進化

定価 : 1,980円(税込)従来の人的販売の手法的な視点のみならず、経営の機能としての側面も視野に入れて「営業」を再定義。経営コンサルティング、機械製造、製薬、広告、旅行等の多彩な業界でのキャリアを有する執筆陣が、あらゆる業界での営業職に応用できる処方箋を提起します。

教材テキスト

ホテル概論

定価 : 2,510円(税込)ホテルビジネスについて、その「歴史」や「ホテル業の定義や経営特性」、そして「宿泊部門をはじめとした部門ごとの業務概要」など、網羅的に解説した入門書。ホテルビジネスを志望する方や、このビジネスについてこれから学ぼうとする方に最適な一冊です。

教材テキスト

ブライダルビジネス入門

定価 : 2,510円(税込)ブライダル・サービスの実務について、ワタベウェディング様監修のもと、<お見合い~結納~挙式~披露宴>という流れに沿って詳細に解説したブライダル・ビジネスの入門書です。

教材テキスト

エアポートビジネス入門

定価 : 2,310円(税込)様々な空港業務の内、民間の地上業務にフォーカスし詳細に解説した「エアポートビジネス」の入門書。旅客や貨物の国際間移動が従来以上に「スピーディ・大量・頻繁」に行われるなか、そのオペレーションを安全に遂行する「空港業務」の重要性も説いています。

教材テキスト

観光のマーケティング・マネジメント―ケースで学ぶ観光マーケティングの理論―

定価 : 2,750円(税込)観光マーケティングの魅力とその面白さを理論と実践の両面から解説する待望の書。実際のマーケティング事例を紹介しながらテーマごとにポイントをわかりやすく解説しているので、初学者の方にもおススメです。